にきび 悩む

にきびで悩むOLの奮闘記を紹介しています。

目立つにきびはコンシーラーで隠しています

よく鼻の頭ににきびがぽつっとできます。
顔の真ん中なので、嫌でも目立ちます。
鏡を見る度に落ち込んでしまいます。
また鼻の頭はメイクがすぐに落ちます。
また、ファンデーションで隠しても、すぐに赤いのがぽつっと顔を出します。
なので、私は鼻のニキビを隠すためにコンシーラーを使っています。
ファンデーションを塗る前にコンシーラーを仕込んでおくと、メイクがぐっと落ちにくくなります。
最初の頃はスティックのコンシーラーをニキビにこすりつけていましたが、それだとニキビの刺激になって肌によくないという話を聞いたので、いまではパウダーコンシーラーを指先にとって、とんとんと優しくつけています。
こするとよくないので、置くという意識でやっています。
また、コンシーラー選びにも気を使っています。
私にはファンデーションは普通のものを使っていますが、コンシーラーはニキビ用のものを使っています。
それは、コンシーラーはニキビに直接つけるものだからです。

 

にきびをできにくくするために

にきびは同じ場所にできやすいです。
特に鼻の周囲やおでこなどが繰り返しできていました。
おでこのニキビ跡が一番ひどいかもしれません。
洗顔後の保湿がニキビ対策には欠かせません。
夏でも冬でも一年中通して顔はクリームを塗って保湿するようにしています。
冬場は特に乾燥がひどいので、そうするとニキビができてしまっていました。
朝晩の洗顔後の他に顔の乾燥が気になった時は、すぐに保湿クリームを塗っています。
化粧を落とした後の肌のケアも大切です。
化粧を落とした後はできるだけ時間を置かずにクリームを塗ります。
化粧がニキビをできやすくするみたいでした。
夏場はちょっと放置したりすることもあったので、そういうときは繰り返し鼻の下などにニキビができてしまっていました。
保湿は大事です。
丁寧に塗ることで繰り返すニキビの連鎖を断ち切ることができます。
食べ物も大事ですが、やはり化粧後のケアが一番大事です。
毛穴に汚れがつまらないように定期的に毛穴をお掃除するのもいいです。
角質除去もするとニキビができにくくなりました。

 

にきびになりにくい顔、体質作り

思春期のにきびと大人になってからのにきびには違いがあるそうです。
大人ニキビの方が治すのに時間がかかる、それは皮膚のターンオーバーの問題のようです。
皮膚は日々新しい細胞が生まれて、古い角質は上へ上へと押し上げられます。
そこできちんと洗顔をしていれば、古くていらなくなった角質は除去されて新しい皮膚が生まれ変わりやすくなります。
毎日朝、晩の洗顔は必要ですが私はずぼらなので夜のみ洗顔をしています。
朝はふき取り化粧水でさっと古い角質を取り除いて、化粧水、乳液と付けています。
スペシャルケアとして、1週間に1回古い角質をぽろぽろ取る、ロゼッタのゴマージュのジェルを使って軽くマッサージして角質除去しています。
この角質除去は本当に1週間に1回でいいので、毎日したからといって逆に皮膚に負担をかけてしまいますので絶対にしないでください。
ニキビケアというのも大変ですが、慣れれば私は少しづつ綺麗になってるんだ。と思えば苦にはなりません。

 

二の腕のざらつきに悩んでいませんか

二の腕やふともも、ひざやお尻などに出来た細かいざらつきが気になることってありませんか。
じつは、このできもの、毛孔性苔癬と呼ばれる症状かもしれませんよ。
この毛孔性苔癬ですが、年齢的には思春期頃から発生して20代くらいの比較的若い女性に見られやすい症状です。
二の腕や太もも、お尻と言った、汗が付きやすい場所に出来るのがその特徴ともいえます。
また、体全体で見てみると右側と左側に対照的に発生するのも特徴と言えます。
状態的には、肌表面がざらざらしていて、さらに、直径数ミリくらいの大きさの盛り上がりができています。
更によく観察していると、毛穴がふさがって見えるんですよね。
この毛孔性苔癬ですが、原因としてはまだ分かってはいないんです。
しかし、発生しやすい人としては、皮膚炎をもともと起こしやすい人や肥満気味の人、敏感肌の人に多くできやすいと言われています。
しかも、この症状ですが、自然と治癒することがほとんどです。
中には、乾燥対策としてのボディクリームを塗ることで症状が改善したという人も言われています。
見た目には悩んでしまうのですが、40代を過ぎれば自然に治癒するために、皮膚科などにかかっても、特に治療をせずに返されるパターンが多く見受けられます。
ただ、ザラザラが激しくなってきた場合には、皮膚科医などで角質の溶解剤を処方されるケースもあります。
美容クリニックではピーリングを行うことで角質を取り去る場合もありますが、その場合も肌へのダメージを考慮して、専門家に任せる必要があります。
気になる方は一度皮膚科や美容クリニックに相談してみましょう。

ニキビの跡が大人になって徐々になくなった私のこれまでのニキビとの付き合いの話しをしましょう。

 

私は小学生の頃はツルツルとした肌で活発的だったのですが中学生になると、ぽつぽつとほっぺに小さいデキモノが2つ、三つできて何気に潰したりしてました。ですがそれがだめだったのだと思います。甘く見てました。始めはほっぺただけだったのが、オデコやアゴ、鼻の下あたりにできたりなど場所によってはすごく目立つので潰したりできたりを繰り返しました。

 

あと、そこにもう一つだめだったのが私は目が悪かったんです。なので鏡を見てもぼんやりとしていて良くわからなかったのが、だめですね。初めてコンタクトレンズを付けた時は目がクリアに見える感動よりも鏡に写るニキビとニキビをつぶした後の赤いデキモノが顔の半分を覆っていたショックが大きかったです。いまでも当時の瞬間を忘れられません。

 

それからは鏡で洗顔から病院で薬をもらってつけてましたが、お肌にストレスを与えないように睡眠をしっかりとろうとしました。ただ、なにぶん青春の時期でしてそう簡単にはニキビは消えません。消えても新しいニキビが現れてイタチごっこです。

 

潰したらだめだとアドバイスしてくれた母の意見は大事なんだと改めてわかりました。ひどいときは首と肩や鼻の中にできたりなど本当に嫌でした。洗顔もいっぱいしすぎたらダメだというのに何回もしてしまい顔がパサつくまでしたりなど本当にバカでした。今では大人になり徐々にニキビの跡も徐々になくなり自然なお肌になりました。時がたてばお肌も変わることを実感しました。

続きを読む≫ 2016/09/03 21:01:03

ニキビの治療は皮膚科へ行くほうが確実だと思いました。

 

私は小学校高学年の頃からニキビが出来始め、中学生の頃には顔中ニキビだらけでした。
市販のニキビ用の洗顔フォームなどを使って毎日欠かさずケアをしていましたが、なかなか効果は出ず悩み続けていました。

 

そんな時、母の知り合いの子供さんが私と同じように非常にニキビが出来やすく悩んでいたが、皮膚科を受診して今ではニキビもなく綺麗になった、という話を聞き、母の後押しもあり皮膚科を受診することにしました。
皮膚科ではビタミン剤三種類と塗り薬を処方されました。

 

またそこの皮膚科が勧めてくれた洗顔フォームを購入し、「出来るだけこすらず泡で洗うようなイメージで」と言われた通りに洗顔を心がけました。
ビタミン剤も、市販のビタミン剤を買うよりも病院で処方してもらう方が断然安かったです。

 

ニキビは半年もしないうちにとてもよくなりました。
ニキビが出来たら、市販のもので対処するよりも、皮膚科で治療してもらう方が安価でより確実だと思います。

続きを読む≫ 2015/08/19 18:41:19

ニキビが背中にできた悩みと対策についての奮闘結果です。

 

私も背中ニキビに悩まされた一人です。
10代の頃はそんなに脂質が多い肌ではなかったのですが20代になると脂質が多い肌に変化しました。

 

当時、私は一人暮らしをしていて、お風呂はシャワーしか浴びていませんでした。
いつの日か忘れましたが、ある日大浴場に行って大きな鏡で自分の後姿を見てびっくりしました。
痛みや腫れなどは全くなかったので全然気付きませんでしたが、多数の背中ニキビができていました。

 

ニキビが背中に出来た時って自分ではなかなか気付きにくいのが嫌ですよね。
おそらくシャワーだけでは汚れはとれていなかったんだと思います。
それからというもの、お風呂は湯船にしっかり浸かるようにしました。
すると背中ニキビはなくなりました。

 

背中ニキビだけでなく、湯船に入ると一日の疲れのとれ方も全然違うしいいですよ。
一人暮らしだと水がもったいない気がしますが、私はそれ以上にメリットがあると考えています。

 

補足ですが、これはニキビ全般にいえることですが、あまりゴシゴシ洗わないこと。
私は表面が肌に優しい綿で内側が泡立ちのいいポリエステル素材のハイブリッド洗いタオルを使っています。
薬局にあるので是非使ってみてください。

続きを読む≫ 2015/08/19 18:39:19